BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 時計修理
  4. RADOの腕時計の電池交換

RADOの腕時計の電池交換

RADOの腕時計の電池交換を承りました。

RADOの腕時計の中でも、一番人気に近い(情報は未確認)ダイアスターです。

裏蓋の四隅のネジを回して、裏蓋を開けます。

このとき、ネジが錆びていると、途中で折れて、大変なことになりますので、

慎重にネジを回します。

無事にネジが取れました。

裏蓋を開けると中はこんな感じになっています。

電池を止めてある金色の部品ですが、左側の小さなネジを緩めて、

電池押さえをスライドすれば、電池は外せます。

この時小さなネジを回しきると、またとめるのに苦労しますので

回しきらないようにします。

電池交換が終わりました。

秒針がないので、パルスチェッカーで針が動くのを確認します。

RADOは、スイスの時計で以前は、酒田時計貿易が日本輸入元でしたが、

酒田時計貿易は、経営破綻したので輸入元がなくなりました。

修理の際の部品の供給も難しくなっていますので

大切にお使いください。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*