梅干を探しに紀州南部へ行きました。

トム・フクダでは、夏の展示会のお土産に

長年、梅干を使用しています。

もう25年近くになりますが、南部(みなべ)の梅干屋さんにお世話になっていました。

後継者の関係で、今年をもって廃業されるとのことで、

後を引き継いで頂く会社さんを訪問して、

火曜日と水曜日で打ち合わせをしに和歌山県に行きました。

新山口からさくらに乗って出発

いつものようにオトナビ割引切符

新幹線に加えて在来線特急も3割引

南部には、特急があまり止まらないようなので、田辺まで行きます。

ところが新大阪駅でまさかの遅れ発生。

くろしお7号に乗るはずですが、先発のくろしお5号がまだ出ていない状態。

駅員さんに事情を話すと、くろしお5号に切り替えてくれました。

オトナビ切符は本来は変更不可なのですが、

遅れているのはJRの責任なので、切り替えしてくれたのです。

くろしお号は、電車の名前も書いていないのですね。

車内は、快適ですが、2時間以上かかるのに

喫煙室も無いし、車内販売もない。

退屈な2時間でした。新大阪から2時間というと

新幹線なら、新山口まで着きます。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

梅干を探しに紀州南部へ行きました。”に関する3件のコメント

  1. 失礼しました。1つ前の記事も更新されていたのに気が付きませんでした。
    紀伊田辺ということは、もう白浜が見えてくるあたりまで行かれたのですね。
    長旅お疲れ様です。
    2時間も乗る割に特急券が安いなと思いました。四国なら倍以上しそうです。

  2. tom-fukuda

    記事の著者

    お早うございます。
    当社にとって、梅干の重要度は、かなり高いので、
    念のために和歌山に行って、先方さんと、打ち合わせをしました。
    南部は、わりと田舎らしく、ホテルがあるかどうかを御坊のW氏に聞いたら、
    リゾートホテルを紹介されました。
    仕事に行っているのに、Kさんみたいな視察と思っているのでしょうか。

  3. カワノエ

    こんばんは。
    南部までわざわざ行かれるなんて梅干しに対する想いの
    強さが良く伝わってきました!?
    >オトナビ切符は本来は変更不可なのですが、
    相当凄まれたかK氏の名前を出したかのどちらかに違いない!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*