松本市内観光 

ウインク例会の翌日は、飛行機の時間まで、松本市内を観光をしました。

松本といえば、国宝松本城です。

松本城もこれで3回目なので、天守閣に上がるのはいいでしょう。

ここの天守閣から物を落としても、

お堀に落ちますのでケガはありませんから安心です。

松本城から歩いていける距離に「松本市時計博物館」があります。

ビルの高さ一杯のお大きな時計ももちろん動いていて、時報がなります。

博物館の開場時間も時計で表示されています。

入場料金は、300円、好きな人はとっても価値のある300円です。

時計職人でもある、本田親藏氏が収集して、動く状態にしたコレクションを

松本市に寄贈して、博物館にしたそうです。

イギリス製、グランドファーザーズクロック

いわゆる大きなのっぽの古時計、おじいさんの時計です。

珍しい、駆動形態を持った時計もあります。

金属の玉が転がり、行き着くとバネ仕掛けで、床の傾きが変わり

また金属の玉が転がり、また床の傾きが変わる、といった仕組みです。

床の傾きが変わる時に歯車が回る仕組みだと思います。

重力が駆動力です。

この時計は、上部にある回転軸に取り付けられた玉が遠心力で周り

横の軸に巻き付き、解ける勢いで、反対に周りまた遠心力で反対の軸に巻きつく。

中央の回転軸に歯車が取り付けてあると思います。

遠心力が駆動力です。

最近の時計は、電池かソーラーが駆動力になっている時計がほとんどですが、

昔の時計は、よく考えられていると感心しました。

松本からの帰りは、FDAで福岡に飛びました。

FDAは、カラフルな機体ですが、小さな飛行機です。

あいにくの天気で、信州の山並みは、全く見えませんでした。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

松本市内観光 ”に関する6件のコメント

  1. tom-fukuda

    記事の著者

    二度目ありがとうございます。
    三本松の王子と、川之江のプリンスが行くとなると、
    担当者が、ハイヤーで羽田まで迎えに来てくれるはずです。
    そうすれば、12時過ぎに到着も可能です。
    あっ、自家用ジェットなら、1時間もかからないのではないでしょうか。

  2. なるほど、東京からは割と近いのですね。
    来年の夏休みに計画してみようかな…
    詳しくありがとうございます。
    カワノエさん一緒に行きましょう(笑)

  3. tom-fukuda

    記事の著者

    セイコーレンズのポイントを使えば、交通費は無料です。

    >私も出張名目で計画しなくては・・・

    レンズ工場視察といわれれば、
    カワノエさんの場合は、ご存知のように現在は、HOYA工場なので、
    アユタヤに行くよりは簡単にご招待を受けれると思います。

  4. カワノエ

    こんにちは。
    出張旅行楽しそうで何よりです!
    城大好き人間ですしからくり時計も大好きなのに
    松本城も時計博物館も行ったことがないので
    私も出張名目で計画しなくては・・・
    >ここの天守閣から物を落としても、
    天守閣から物を落とす人なんているわけな・・・
    いや確か高知に行ったときに隣にいた人が(以下自粛)

  5. tom-fukuda

    記事の著者

    徳島空港→羽田空港→新宿→岡谷→伊那松島
    これが一番早いのではないでしょうか。
    朝一番で出ると、13時ぐらいに着きます。楽勝の部類です。
    松本は、たくさん博物館・美術館があるそうなので、
    カワイさんなら、10日分ぐらいの取材が出来るはずです。

  6. おはようございます。
    高知城では瓦にワンバウンドしましたので、そっちも心配でしたよ。
    幸い傷んでいませんでしたが(笑)
    松本城に時計博物館、いいですね。
    きのうのブログを見て、もう一度、伊那松島へのアクセスを調べた
    のですが、やっぱりムリです。
    伊丹便は夏休みだけの運航でした。羽田便があればいいのに…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*