レンズ

4件のコメント

メガネのプラスティックレンズには、色々なコーティングがあります。

昔は、ノンコートレンズがありましたが、

私が業界に入った頃には、ハードコートレンズが主流でした。

ハードコートレンズとは、傷が入りやすいプラスティックレンズに

コーティングをして、傷が入りにくくする傷予防のコートでした。

しばらくして、マルチコートが登場します。

レンズの反射を防ぎ透過率を上げるのを

目的にされたコートです。(それだけではありませんが・・)

マルチコートが登場した初期には、オプション加工でしたが、

今では、マルチコートは当然で、UVカット、防汚コートも標準装備が大半になっています。

最近のレンズのコーティングは、さらに進化しています。

 

フロンティアコート 正確には、フロンティア加工です。

パソコンやLEDライトから出る青色光線をカットするレンズです。

フロンティア加工をすると眼の疲れの軽減が出来ます。

ハイパーアメニティーコート

傷予防のハードコートをさらに進化させた加工です。

レンズ表面がつるつるになりますので撥水効果も上がります。

スーパーレジスタントコート(SRコート)

感覚としては、ハイパーアメニティーコートに

帯電予防の加工を加えたレンズです。

メガネレンズは案外静電気を帯びてしまいます。

静電気によってレンズ表面に埃がつくとそれをメガネ拭きで拭くことにより、

レンズに拭き傷が入ります。

静電気予防することにより、埃の付着を予防する目的のコーティングです。

これらのコーティングはレンズの種類により、

出来るものと出来ないものがありますので

お気軽にトム・フクダスタッフにお尋ねください。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

遠近両用レンズには、よく見えるところと、ボケるところがあります。

遠くを見る度数と、近くを見る度数は、違うため、

2つの度数をひとつのレンズに入れると、しわ寄せの部分が出来ます。

このしわ寄せの部分がボケるところです。

しかし、レンズには、たくさん種類があり、

いいレンズになると、よく見える範囲が広くなり、使いやすくなっていきます。

当然、値段は高くなりますが、実感してみないと、

よく見える範囲が広くなったことが解りにくいものです。

そこで、西岐波店の検眼室の壁にある、このボードの登場です。

お客様は、テストレンズをかけて、この前に立ち、

中心からどのくらいまで見えるかを確かめてもらいます。

遠くの視野・中間の視野・近くの視野、それぞれの広さが実感できます。

テストレンズを変えていいレンズのよさを体験できるようになっています。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

パソコンやスマホからでる青色光線は、眼精疲労の原因になるといわれています。

青色光線を遮断するフロンティア加工が最近人気があります。

紫外線は通常レンズであれば、カットは標準ですが、

可視光線の420nm(ナノメーター)は加工を必要とします。

左がフロンティア加工済みのレンズ、右は、UVカット付きの通常レンズです。

真ん中上が青色のレーザーポインターの光です。

通常レンズは、青色光線は、透ります。

フロンティア加工がしてあるレンズは、

青色光線は、ほぼカットされ眼に届きません。

この加工ができるレンズと不可のレンズがありますので

スタッフにお問い合わください。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村