タグ・アーカイブ: 補聴器

耳穴式の補聴器はお客様の外耳道に合わせてオーダーメイドします。

耳穴式の補聴器は大きく分けると3つに分けられます。

一番小さい外耳道の中に入れるCIC

外耳道から耳の半分程度のカナル

耳をほぼ覆ってしまうフルシェル

本日ご紹介するのは、一番小さいCICタイプです。

どちらも同じCICタイプですが、お客様の外耳道の大きさが違うので

出来上がりの大きさが違います。

補聴器は世界共通で右耳用が赤色、左耳用が青色で表記されます。

外耳道の形をとって作っていますのでスッポリはまって落ちません。

補聴器をはずすときは、透明のテグスを引っぱります。

CICタイプは、小型のため重度難聴の方には、向いていません。

また電池も小さいので指先の動きも必要です。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

トムフクダは、阿知須本店も西岐波店も認定補聴器専門店です。

阿知須本店にも西岐波店にも認定補聴器技能者が2名ずつ常駐しています。

5月20日(土)は、阿知須本店で

5月21日(日)は、西岐波店で

メーカーの担当者も交えて補聴器相談会を行います。

普段の補聴器の調整やメンテナンスは、私たちでも充分出来ますが、

メーカーが来るメリットは、色々な補聴器を聞き比べできることです。

今回は、リオネットとワイデックスの担当者が来ます。

また、補聴器は、購入後の調整をしないと良く聞こえません。

当店購入でない補聴器もメンテナンスは、無料で行いますので

聴こえに関してご不便をお持ちの方やご家族様のご来店をお待ちしています。

なお、午前中は、混み合いますので、お待たせすると思います。

お時間が許せば午後にご来店されるとお待たせしないと思います。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

補聴器は、耳の聴こえ具合と補聴器の出力をあわせないと

快適に聴こえないので、生活の向上につながりません。

日曜日のブログでご紹介したオージオメーターで

お客様の耳の聴こえ具合をはかりパソコンで入力して

ある程度お客様の聴こえに補聴器を合わせます。

しかし、それだけでは、フィッティングは不十分です。

これは、補聴器特性試験装置といい、補聴器の特性(出力)を測る機械です。

それぞれの周波数の音を入力して、どの程度大きくして出力しているかを測ります。

こんなグラフが出てきます。

大きな音のときの増幅量、人の声の程度の音の増幅量が表示されています。

たとえば、1000Hzで大きな音のときは、2.5しか大きくしていないのに対し、

人の声の大きさ位のときには、12.3大きくしています。

また、500Hz,1000Hz,1600Hz,2500Hzの周波数のそれぞれの

増幅量が表示されます。

人によって低い周波数の音が聴こえない人と

高い周波数の音が聴こえない人がいます。

調整によって低い音と高い音の出力のバランスをとります。

その値がお客様の耳の聴こえに合っているかどうかが数値で解ります。

それでも、個人個人の生活環境が違いますので何度も調整して

自分好みの聴こえに補聴器を仕立てていく作業が必要です。

補聴器は、この作業があるので通いやすいお店で購入するのがいいと思います。

決して通信販売で購入しないようお願いします。

トムフクダは、阿知須本店・西岐波店共に

厳しい審査に合格した認定補聴器専門店です。

設備、人材共に揃っています。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村