タグ・アーカイブ: 補聴器

4件のコメント

トム・フクダ西岐波店に救急車がやってきました。

ある程度の店舗面積があるお店は、消防署による設備点検があります。

前回2年前にあった時は、消防車で来られて、

ご近所の方が驚かれたので「消防車はやめて」とお願いしたら、救急車で来られました。

消防署の方曰く、「緊急出動があったときに備えて」らしいですが、

とっても目立ちます。

過去に一度だけ補聴器のお客様がお店で呼吸困難になったときに

救急車を呼んだことはありますが、

出来るだけ消防署のお世話には、ならないようにしたいと思います。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

耳穴式の補聴器はお客様の外耳道に合わせてオーダーメイドします。

耳穴式の補聴器は大きく分けると3つに分けられます。

一番小さい外耳道の中に入れるCIC

外耳道から耳の半分程度のカナル

耳をほぼ覆ってしまうフルシェル

本日ご紹介するのは、一番小さいCICタイプです。

どちらも同じCICタイプですが、お客様の外耳道の大きさが違うので

出来上がりの大きさが違います。

補聴器は世界共通で右耳用が赤色、左耳用が青色で表記されます。

外耳道の形をとって作っていますのでスッポリはまって落ちません。

補聴器をはずすときは、透明のテグスを引っぱります。

CICタイプは、小型のため重度難聴の方には、向いていません。

また電池も小さいので指先の動きも必要です。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

トムフクダは、阿知須本店も西岐波店も認定補聴器専門店です。

阿知須本店にも西岐波店にも認定補聴器技能者が2名ずつ常駐しています。

5月20日(土)は、阿知須本店で

5月21日(日)は、西岐波店で

メーカーの担当者も交えて補聴器相談会を行います。

普段の補聴器の調整やメンテナンスは、私たちでも充分出来ますが、

メーカーが来るメリットは、色々な補聴器を聞き比べできることです。

今回は、リオネットとワイデックスの担当者が来ます。

また、補聴器は、購入後の調整をしないと良く聞こえません。

当店購入でない補聴器もメンテナンスは、無料で行いますので

聴こえに関してご不便をお持ちの方やご家族様のご来店をお待ちしています。

なお、午前中は、混み合いますので、お待たせすると思います。

お時間が許せば午後にご来店されるとお待たせしないと思います。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村