メガネ

近くを見るときにメガネを外すと見える方はいらっしゃいませんか?

近視の方は強度の近視でなければ、多くの方は、メガネを外すと近くが見えます。

外せる時はいいですが、いちいち面倒くさい時もあります。

そんな時にお勧めのメガネはこれ

跳ね上げメガネです。

普段は、近視のレンズを入れて通常のメガネですが

近くを見るときはフロント部分を上に上げます。

こうするとメガネを外した時と同じ状態になります。

横から見ると

こんな感じです。

跳ね上げメガネは近視の方が近くを見るときに上げて使うのが主流ですが、

そのほかにも便利な使い方があります。

目が良くて普段はメガネを掛けない人は、近くを見るときは老眼鏡をかけます。

このフレームに老眼鏡のレンズを入れておけば、

普段は上にあげて裸眼でいて近くを見るときだけ下げるという使い方もあります。

これなら老眼鏡を捜してかけるということが必要ありません。

また、サングラス用のレンズを入れておけば、

運転中にトンネルに入った時に上にあげれば暗くて見えにくいということを解消できます。

ニッチな商品ですが、使用されている方には大変好評です。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

当店でも人気のカムロの新作フレームが入荷しました。

10月に注文したものがやっと入荷したのです。

デジェル-14025B-52

フロントは落ち着いた赤色

テンプルは濃いブラウンで水色のスワロフスキーが施されています。

色違いで

デジェル-0303B-52

フロントは濃いブラウン

テンプルは明るいブラウンで緑のスワロフスキーです。

カムロの新作はトム・フクダ阿知須本店にあります。

本店・西岐波店にもその他のカムロは沢山あります。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

4件のコメント

メガネのレンズって加工されてフレームに入ると

どこのメーカーかは解らなくなります。

一部のレンズには隠しマークがあり、それを見つけるとレンズ名は解ります。

今では少なくなりましたが、昔は、レンズをごまかしている不届きなお店もあったようです。

トム・フクダはレンズの多くは、セイコーレンズを使用します。

お客様のご希望によりHOYAレンズを使用することもありますが、

一流メーカーのレンズを使用しています。

お客様が余り見ることの無い、レンズの加工前の様子です。

特注のレンズは一組ずつ包装されて送ってきます。

レンズの種類や度数や色を確認し

お客様のフレームに入れる為の加工に入ります。

ちなみに大手のレンズメーカーのレンズには、

お客様に渡すレンズの仕様カードが付いています。

これは必ずもらいましょう。

レンズ加工前にフィッティングポイントなどを示す印刷がされています。

加工後にこの印刷はアルコール等で消します。

今回は、お客様がお持ちのメガネのレンズだけの交換です。

フレームがしっかりしているとレンズだけの交換が出来るので

メガネ選びの際に丈夫なフレームを選ぶと次回からレンズのみの購入で済みます。

このフレームは18金なので一生物です。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村