補聴器

正月早々に、10月に補聴器をお買い求めいただいた、お客様から電話がありました。

「補聴器を失くした」

どうやら、ティッシュにくるんで置いていたそうです。

ティッシュにくるむと、他人から見ると、ゴミに見えます。

「至急同じものを注文して」

耳穴式の補聴器ですので、耳型は採らなくても同じものは、注文できます。

本日出来上がってきました。

補聴器は、ご自分で、持ち物の保険をかけていないと

紛失の保証はありません。(一部の機種を除く)

しかし、トム・フクダは、お客様の為に独自の保証制度を設けています。

さすがに全額保証は出来ませんが、半額で同じものをご用意できます。(1回限り)

お客様は、御自分の不注意だったので全額払われるつもりだったので、

大変喜んで頂けました。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

トム・フクダ阿知須本店とトム・フクダ西岐波店は、

認定補聴器専門店です。

本日12月16日は、阿知須本店で

明日12月17日は、西岐波店で

補聴器相談会が開催されます。

いつものようにメーカー3社が来店してくれて、

補聴器の相談・試聴・点検・掃除をしてくれます。

トム・フクダの認定補聴器技能者も含めて、

7人の認定補聴器技能者が対応しますので、

補聴器の対する疑問・相談がありましたら、

是非この両日にご来店ください。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

トム・フクダ阿知須本店とトム・フクダ西岐波店は、

認定補聴器専門店です。

認定補聴器専門店の要件は、人的要件と物的要件です。

人的要件とは、認定補聴器技能者が常駐すること、

医療機器の販売管理者が常駐することが条件です。

トム・フクダ阿知須本店には、2人の認定補聴器技能者がいますので、

どちらかが休みでも常に認定補聴器技能者がお店にいます。

また、医療機器の販売管理者は、講習を受けて合格したものが2名いるうえに、

薬剤師(常務)がいます。薬剤師は、医療機器の販売管理者より上位資格です。

物的要件は、補聴器をお客様の聴こえに適合できる施設があることです。

防音室・オージオメーター・補聴器特性機・補聴器効果測定機などがこれにあたります。

認定補聴器専門店は、5年ごとに更新があります。

更新のときには、書類審査と、現地調査があります。

本日、認定補聴器専門店の更新の為の現地調査があります。

日頃きちんとしているので問題はないと思いますが、やはり緊張します。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村