和歌山 南部の夜明けと梅振興館

和歌山出張の2日目です。

ホテルの窓から夜明けが見えました。

夜明けといってもあの方みたいに朝とても早く起きたのではなく、

この日の和歌山の日の出時間は、7:00です。

7:00くらいなら無理なく見ることが出来ます。

午前中に梅干のことを学びに

「道の駅 うめ振興館」に行きました。

振興館にはいると、ウグイスが迎えてくれます。

この季節なので、梅の花は咲いていないのですが、ジオラマは見れます。

そのつもりで見れば、とてもきれいです。

「南高梅」は南部高校で品種改良されたことは存じていましたが、

この先生が研究されたそうです。

隣の町に知り合いのメガネ屋さんがあるので見学して帰りたいのですが、

山口に帰るまで、5時間近くかかるし、いきなり行っても失礼なので

沢山梅干を買って帰りました。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

和歌山 南部の夜明けと梅振興館”に関する2件のコメント

  1. tom-fukuda

    記事の著者

    カワイさん、お早うございます。
    >招待旅行の下見ですか?
    和歌山は遠すぎます。こんなに時間がかかるとは思いませんでした。
    >2時間も乗る割に特急券が安いなと思いました。
    オトナビ割引切符だからです。正規運賃は、5,000円ちょっとです。
    >日の出の50分前からスタンバイされるとドラマチックな景色が楽しめますよ(笑)
    そうまでして、日の出を見ようとは思いません。

  2. こんにちは。
    招待旅行の下見ですか?Wさんがホッと、いや残念がっているでしょうね。
    私も数年前に和歌山に遊びに行きました。魚は美味しいし、絶対にまた
    行きたい場所です。
    日の出の50分前からスタンバイされるとドラマチックな景色が楽しめますよ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*