タグ・アーカイブ: 認定補聴器技能者

4件のコメント

東京で行われる国際宝飾展示会 IJTに行ってきました。

日本で開催される宝飾の展示会では、一番大きな展示会です。

トム・フクダもここでお客様に喜んで頂ける商品を仕入れてきます。

会場は東京ビックサイト。

今年は東京オリンピックのメディアセンターになっているので

会場が広い東棟は、使用できないので

会場内を回遊しにくい西等での開催です。

会場内は、撮影禁止なのに外国の方はバシバシ撮っています。

何をするかと思ったら写真をSNSにアップして

その商品を欲しい人から返信があると、仕入れてくるそうです。

最近、日本人のバイヤーより、外国人バイヤーが多いので残念です。

帰りは、ゆりかもめ

一番前が空いていたので気持ちいい。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

4件のコメント

メガネのレンズって加工されてフレームに入ると

どこのメーカーかは解らなくなります。

一部のレンズには隠しマークがあり、それを見つけるとレンズ名は解ります。

今では少なくなりましたが、昔は、レンズをごまかしている不届きなお店もあったようです。

トム・フクダはレンズの多くは、セイコーレンズを使用します。

お客様のご希望によりHOYAレンズを使用することもありますが、

一流メーカーのレンズを使用しています。

お客様が余り見ることの無い、レンズの加工前の様子です。

特注のレンズは一組ずつ包装されて送ってきます。

レンズの種類や度数や色を確認し

お客様のフレームに入れる為の加工に入ります。

ちなみに大手のレンズメーカーのレンズには、

お客様に渡すレンズの仕様カードが付いています。

これは必ずもらいましょう。

レンズ加工前にフィッティングポイントなどを示す印刷がされています。

加工後にこの印刷はアルコール等で消します。

今回は、お客様がお持ちのメガネのレンズだけの交換です。

フレームがしっかりしているとレンズだけの交換が出来るので

メガネ選びの際に丈夫なフレームを選ぶと次回からレンズのみの購入で済みます。

このフレームは18金なので一生物です。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

2件のコメント

長崎市内観光の続きです。

長崎は中華街もあり華僑の人が多いのか、

孔子廟がありました。

廊下の壁一面に論語が書いてありましたが全く読めません。

続いてグラバー園です。

坂道を頑張って上がると、程なく動く歩道があり上まで連れて行ってくれます。

動く歩道から長崎市内が一望でき壮観な眺めです。(写真は無し)

グラバー園内には、グラバー邸、リンガー邸、オルト邸などがあり

一番メインのグラバー邸は、工事中のため、幕が張ってあり

全く見ることが出来ませんでした。

海のほうに目をやると

軍艦が何隻か見えます。

私は、カメラというものを持っていませんので、

スマホ拡大して取っていますので

ピントがだいぶ甘いです。

グラバー園の下に国宝の大浦天主堂があります。

大浦天主堂は現存する最古のキリスト教関連の建物らしいです。

長崎原爆の時も破損はしたものの爆心から距離があった為

倒壊、焼失は免れたみたいです。

ここで信徒発見があり世界遺産になるのでした。

年末・年始の旅行のお話は以上です。

旅行自体楽しかったのですが、それ以上に

家族みんなで行けた事が最大のお年玉です。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村