京都 大原 寂光院

大原 三千院から程近いところに寂光院があります。

壇ノ浦の戦いで安徳天皇を抱いて入水し、一命を取り留めた

建礼門院徳子が余生を過ごしたお寺で有名ですね。(初めて知った)

この上ない狭い道をタクシーの運転手が見事なハンドル捌きで

またまたお寺の直近の駐車場まで行ってくれました。

例のごとく道沿いには、「寂光院駐車場」の看板が。

大原独特の手法かもしれません。

ただこちらは、運転が苦手な人は、早めの駐車場がお勧めです。

階段と反対側に漬物屋さんがあり、私たちがタクシーから降りると

凄くお金持ちの方が運転者付きで観光をしていると誤解して、

漬物を見たり、写真を撮ったりしている私たちに

「寂光院の受付は、4時半に終わる。階段を上がって右に受付があるので

早く行ったほうがいい、その後ゆっくりお土産を見てください。」

丁寧なご案内を受けました。

とっても趣のあるお寺です。

しかし、本堂は、2000年に放火されて再建されたそうです。

本堂の再建は5年かかったそうです。

ご本尊の仏像も全焼して復元には10年以上かかったそうです。

乗用車も入るのが難しい狭い道なので、消防車は来れなかったと思います。

日本の歴史建造物に火をつけるなんて考えられません。

階段を下りると、漬物屋のおばちゃんが

「まっとたよ~」

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

京都 大原 寂光院”に関する1件のコメント

  1. カワノエ

    こんにちは。
    大原三千院は素敵なところなのでここ何年かで
    2度ほど訪れました。
    >凄くお金持ちの方が運転者付きで
    あのお方には及びませんが誤解ではないでしょう!
    >「まっとたよ~」
    きっと店頭在庫がなくなるぐらい大量に買われたのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*