京都出張

1件のコメント

大原 三千院から程近いところに寂光院があります。

壇ノ浦の戦いで安徳天皇を抱いて入水し、一命を取り留めた

建礼門院徳子が余生を過ごしたお寺で有名ですね。(初めて知った)

この上ない狭い道をタクシーの運転手が見事なハンドル捌きで

またまたお寺の直近の駐車場まで行ってくれました。

例のごとく道沿いには、「寂光院駐車場」の看板が。

大原独特の手法かもしれません。

ただこちらは、運転が苦手な人は、早めの駐車場がお勧めです。

階段と反対側に漬物屋さんがあり、私たちがタクシーから降りると

凄くお金持ちの方が運転者付きで観光をしていると誤解して、

漬物を見たり、写真を撮ったりしている私たちに

「寂光院の受付は、4時半に終わる。階段を上がって右に受付があるので

早く行ったほうがいい、その後ゆっくりお土産を見てください。」

丁寧なご案内を受けました。

とっても趣のあるお寺です。

しかし、本堂は、2000年に放火されて再建されたそうです。

本堂の再建は5年かかったそうです。

ご本尊の仏像も全焼して復元には10年以上かかったそうです。

乗用車も入るのが難しい狭い道なので、消防車は来れなかったと思います。

日本の歴史建造物に火をつけるなんて考えられません。

階段を下りると、漬物屋のおばちゃんが

「まっとたよ~」

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

2件のコメント

♪ 京都 ~大原 ~三千院 ♪

誰の歌かは知りませんが何となく口ずさむ歌です。

鞍馬寺から何の変哲も無い山道を走り大原に来ました。

大原に入るとすぐに「三千院駐車場」という看板があちこちに、目に入ります。

三千院は、そこからはずいぶん遠いです。

確かにうそではないが、後でもめそうな気がします。

様子を知らない観光客は、停めてしまい、延々歩かされます。

私達は、地元を良く知っている、タクシーなので、

門のすぐそばまでタクシーで行ったので歩かないで済みました。

立派な門です。

三千院は、館内は、全て撮影禁止です。

仏像も写真は撮れません。

庭は撮影はOKです。

なにやら、国宝らしいですが、中でお経上げているので、

これ以上近づけません。

わらべ地蔵は撮影可でした。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

貴船神社の後は鞍馬寺へ、

元気な人は、歩いて山越えするそうですが、

熊が出没するということで、昨年は山越えが禁止になっていたそうです。

私達は、熊の出没には関係なく当然車で移動です。

貴船神社からは10分もかかりません。

門から本堂まで歩いてもいけるそうですが、30分以上かかるそうです。

時間がもったいないのでここはケーブルカーにします。

たった2分のケーブルカーですが、200円です。

紅葉時期ならいいかもしれませんが、景色は・・・

ただ楽なだけです。往復400円は、ご寄進代になるので、まあいいか。

ケーブルカーの駅を降りてもいい加減歩きます。

木々の中を抜け、階段を上がり、ようやく京都最大のパワースポットの

鞍馬寺本堂前の広場につきました。

中央の六角形で祈ると何でも願いがかなうそうです。(タクシー運転手談)

あまり信心深くない私ですが、京都では、長女が学生をしています。

次女も関西圏にいます。よーくお祈りをしましたが

鞍馬寺って学業の神様か?

そもそもお寺じゃあないのか。

とりあえず、お賽銭をして、また来た道を帰りました。

叡山電鉄鞍馬駅前には、天狗がいます。

 鞍馬天狗

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村