京都出張

2件のコメント

京都出張 その7 宇治

伏見界隈を後にして、タクシー観光の運転手さんに聞いたら、

「次は、宇治平等院に行きます。」と言われた。

とっさに去年行ったし、鳳凰堂はかなり歩くのでいやだなと思っていたら、お客様が

「平等院は、行った事があるから、いい」と言われた。(よかった)

奥様が「宇治だから抹茶が飲みたい」

ご主人「暑いからビールがいい、抹茶とビールが同時に飲める店に行って」

また、無理難題をと思いながらも「運転手さんよろしく」と丸投げ。

お土産物屋通りを最徐行して走り見つけました。

普通のお茶屋さんの前にありました。

タクシーを止めお店になだれ込みます。

想像通り抹茶にビールを注いだだけ。プレミアム抹茶は、1500円

いまさら後に引けないので注文しましたが、どう見ても青汁

なんなら、仕事中に飲んでもこれなら青汁で通ります。

ちゃんとビールの味はしますが、普通のビールなら500円程度なので

二杯目を頼む人はいないと断言します。

その後、平等院は行かないと言うからしょうがないので「萬福時」に行きました。

しょうがないから行くというには、失礼な大きなお寺です。

徳川家が中国から高僧を呼んで建立したそうですので、中国様式です。

満福寺と言えば、これが一番有名だそうです。↓

右に掛けてあるバットのような木で魚を叩くそうです。

魚が邪悪な珠を咥えているのでそれを吐き出させるために叩くそうです。

「絶対に叩いてはいけません」と書いてあります。

「叩くとどうなるのか」タクシーの運転手さんに聞いたら、

「今、もうすぐ12時なので、お昼の合図と思い、修行僧が一斉に出てきます。」

それは是非みたい。叩きたい衝動を抑えながらお昼を予約しているので

その時間までは待てないので、萬福寺を後にするのであった。

長々続いた京都出張編は、終了です。

ブログの先輩に学んだ引っ張りの術ももうネタ切れです。

25日から岐阜出張が入っています。しめしめ

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

京都出張その6 寺田屋

月桂冠大倉記念館からすぐ近くに寺田屋があります。

いわずと知れた坂本竜馬ゆかりの旅館です。今でも旅館営業をしているみたいです。

この写真を撮ると隣の民家も必ず入るな。ごめんなさい。

当然、長州の志士たちも会合に参加していたはずです。

山口県=長州と思われがちですが、私は違うと思います。

山口県はもともとは、周防の国と長門の国に分けられていました。

長州は長門の国のことです。

下関に国府が置かれ長府と呼ばれ今でもその地名はあります。

周防の国の国府は防府市にありました。

周防の国の出身者も幕末の志士の中に多くいますが、

毛利藩が萩を拠点にしていたので、全部長州藩士の扱いになっています。

トム・フクダは周防の国にあり、西岐波店がある

岐波という地名は、際であり、周防の国の際という意味だと思います。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村

京都出張 その5 伏見 月桂冠大倉記念館

伏見稲荷をご参拝した後は、月桂冠大倉記念館に行きました。

もはや、出張なのか観光なのか分からない状態ですが、

あくまでお客様のご希望の場所をご案内ですので、私の希望は反映されていません。

ただ、お客様と私の趣味嗜好がよく似ているので、酒蔵には、もろ手を挙げて賛成です。

古そうな佇まいです。

記念写真スポットですが、太陽が暑いのでパス。

酒造りの行程がパネルや道具などを使って丁寧に説明されていますが、

この後の試飲に気をとられていたので写真を撮り忘れました。

試飲の列に並んでいたら、どこからともなく、おっちゃんがやってきて(係りの人らしい)

頼みもしないのに延々と説明をし出しました。

「日桂冠」と「月佳冠」

要は、「月桂冠」が人気があったのでパクリの酒が造られたことが言いたかったみたいです。

案外、面白かったし、試飲の列はまだ並んでいたので最後まで聞きました。

試飲がすんだら順路はお決まりの

お土産売り場です。ここを通らないと他に道はありません。

試飲の罠にはまりお客様は、大人買いをされていました。

HP-baのコピー

hotyoki

いつも応援ありがとうございます!
↓↓↓ ぽちっとお願いします!!

にほんブログ村